入り口に女の子用カメラ

風俗に行く時には、自分の気に入った女の子を選ぶことができます。
逆にいえば、女の子はお客を選ぶことはできません。とおもいきや、実は女の子にも選ぶことができるのです。
入り口には監視カメラのようなものがあり、待ってる女の子は、そこで女の子はお客さんの姿を見ることができる設備があります。
もちろんどこのお店でもそういうことができるわけではありませんが、そういうお店もあるということです。
かといって、あまり、自分の好き嫌いでお客さんを選ばれたらお店もやっていけませんから、好みということではなく、関係者かどうかの判断をさせるという目的です。元同級生や、家族関係など、知人と鉢合わせして、そのことがきっかけで女の子がお店を辞められてしまったらお店にとってもマイナスなので、判断するための機能をつけておくということです。
また、早い段階で女の子たちがお客さんの顔を見ておくことができれば、事前の心の準備もできますし、そのことで接客を丁寧に行うこともできます。設備投資としても、別に高性能なカメラが必要なわけではないですし、映像を受信するのもパソコンがあればいいので、大金はいりません。ですから、導入しておいて損のないものだという認識がされているようです。